Top > しつけ > 家族で食卓を囲むことの意味

家族で食卓を囲むことの意味

家庭で過保護に育てられた子供は、相手を思いやる気持ちにかけた子も多いようです。

自分を主張しすぎて相手を屈服させて、ときには乱暴なことまでしてしまうこともあります。

ひどいケンカをして相手の体を傷つけてしまうような子どもは、家庭でわがままいっぱいに育てられていることも多いようです。

これと反対に、仲間に追随しているだけの子どもがいます。

力の強いものに依存し、迎合して、その子分になっているような場合です。

学級の中に溶け込むことができず、いつも傍観者的な立場にしかいない子供もいます。

仲間の遊んでいるのを少し離れた場所から眺めているだけで、その中に入っていけないのです。

いずれも同年輩の仲間と接することに不安を感じているのです。

こうした子供は気後れしているのですが、仲間と遊ぶことが面白いという体験があれば、このようなこともないはずです。

学校に入る前の時期つまり4歳か5歳のころの幼稚園くらいに同年代の子供と身近に接することが大切なのです。

友達との人間関係を円滑にするためには、相手の立場を考えて思いやることが大切です。 

相手の嫌がることをしない、相手が困っているときには助けてあげる、手を差し伸べるというようなことが必要なのです。

人間関係の基本といえるのがこの相手を思いやる気持ちであり、それは子どものころから現れてきますし、思いやりの気持ちを持つ子供になるかどうかはひとえに親の態度と家庭の雰囲気にあります。

夫婦仲が悪かったり、父親が子育てに協力的でないといった家庭の子どもはやはり他社に対する思いやりのかけた子どもに育つ可能性が高いと言えましょう。

また、食事も親の愛情のこもった手料理を中心に食卓を囲んで育った子供は思いやりの心を持った子供に育つというデータもあります。

加工食品やファストフードばかり食べて育った子供は精神的にも不安定でいわゆるキレやすい子供になる傾向がみられるといわれています。

栄養バランスの取れた食事を親が愛情込めて作り、家族そろって楽しく食卓を囲むだけでも、立派な子育てをしていると言えるのです。

栄養の偏りからくる必須ミネラル不足が子供の情緒不安定に関係しているという研究データもありますから、子どもが小さなうちから良質なミネラルウォーターを利用するのもおすすめです。

最近では赤ちゃんが生まれた時から良質な天然水を飲むことを家族ぐるみで習慣にするご家庭も増えています。

今話題のウォーターサーバーなら、良質な天然水を宅配してくれますのでとても便利です。

下記のサイトも参考にしてみてください。

ウォーターサーバー 赤ちゃん

しつけ

関連エントリー
いちご鼻に悩む娘のこと家族で食卓を囲むことの意味社会生活を送るためのルールを教えること